テレフォンセックスは流れを作るのが大事

いまではすっかり馴染みのあるテレフォンセックスですが、一連の流れを知ってテレフォンセックスをするのと、知らないでテレフォンセックスをするのとでは、同じテレフォンセックスでもかなり楽しさに違いが出てくるのでお互いに楽しめるテレフォンセックスをする為にも、一連のテレフォンセックスの流れをしっかり把握しておきましょう。これで今日から貴方もテレフォンセックス上級者になれます!

自分のペースを作る

テレフォンセックスはペースを作ったもん勝ちみたいなところがあるので、相手に主導権を握らせるか、それとも自分が主導権を握るかを決めておくとよりテレフォンセックスが盛り上がります。流れとして説明すると次のようになるので参考にしてみて下さい。

まず基本的には女性からイカすようにしましょう。
女性は興奮すると男性の言う事を何でも聞くセックス奴隷のようになってくるので、男性は自分がイク事を考えるよりも先にまずはいかに女性を気持ちよくさせるかを考えて下さい。

オナニーをしている女性を目の前にして擬音を上手く使って女性をより興奮させましょう。
言葉攻めも大事ですが、言葉攻めをするのなら耳元で囁いているかのように少し小声でつぶやくように言うのがポイントです。
女性がイッタ後はいよいよ男性が気持ちよくしてもらう番なので、どうして欲しいかを明確に女性に告げるようにしましょう。

既にテレフォンセックス慣れしている女性であれば擬音を上手く使ってくると思いますので、告げる例としては、何処をどんな風に触る、もしくは舐めている感じで攻めて欲しいと告げると良いですね。そうすると女性もより分かりやすくなるので、テレフォンセックスの流れとしては完璧です。

女性のペースに任せる

テレフォンセックスは男性が攻めるパターンが多いですが、相手の女性のタイプによっては女性のペースに任せたほうが盛り上がるテレフォンセックスの流れを作る事ができます。

相手の女性が熟女の場合には熟女ペースに任せると驚くほど男性も気持ちいいテレフォンセックスをすることができるので、いつもはリードしていたと言う男性も一度は騙されたと思って熟女ペースに任せてみましょう。
言葉では表現できないほど気持ちいいテレフォンセックスができる事は間違いありません
。熟女は基本的にエロい女性ばかりなので、男性をエロくリードするコツを知っています。なので熟女好きではない男性がテレフォンセックスで一気に熟女好きになったと言う男性もいるほど、熟女に魅了される男性が後を絶ちません。

テレフォンセックスで一連の流れを作る前に、まずはどちらが主導権を握るかを簡単にで良いので決めておきましょう。
もちろん相手と話をして決めたりすると言う事ができない雰囲気の時もあると思うので、そんな時は自分のペースに相手を巻き込むか、もしくは相手がリードしてくれるように流れを作るか、自分なりに行動してみましょう。